• ホーム
  • >Approach Ocean Sports 塾長紹介

Approach Ocean Sports 塾長紹介

Approach Ocean Sports 塾長

滝川 直人 (タキカワ ナオト)



サーフィン歴40年

元JPSA公認プロサーファー

ISAInternational Surfing Association)コーチング&インストラクティングプログラム レベル1

JPSA(日本プロサーフィン連盟)公認サーフィンインストラクター

NSA(日本サーフィン連盟)公認サーフィン指導員

NSA公認ジャッジ A

MRA(日本海洋レジャー・振興協会)安全サーフィン海上安全指導員

スタンドアップパドルフィットネスインストラクター



16歳のとき、友人のお兄さんの影響でサーフィンを始める。

ボードの上に座り波待ちすることが出来ず悔しい思いをし、サーフィンにはまる。

当時は毎日のようにサーフィンができた安倍川に通うようになる。

通学していた高校の近くにあったサーフボード工場に毎日入り浸り、サーフィン・サーフボードについて追求の日々を送る。

この時点で既に地元の大会で頭角を現すようになる。


高校卒業後、ウェットスーツメーカーに就職。

数年後には工場長として、23歳まで勤務する。

24歳で静岡市内のサーフショップに勤務。

サーフボードメーカーでもあるサーフショップのサーフボードビルダー兼店長を務める。

25歳でサーフィンのプロ資格を取得。

同時に独立、ウェットスーツメーカー Approach High Quality Wetsuits を立ち上げる。

一人ひとりにあったものを作るため、オーダーメイドのみのウェットスーツ製作を始める。

34歳でサーフショップ Approach Ocean Sports をオープン。

現在に至る。


10代の頃から地元の大会でジャッジを務めていた経験を活かし、プローサーファー引退後はNSA、JPSA、ASPにてジャッジ活動。

A級ジャッジとしてマスタージャッジを、級認定テスト等でもメインジャッジを務める。

2016年、ISAインストラクター&コーチング資格を取得。

2017年、ISAジャッジの資格を取得。

指導に力を入れると同時に、自らのレベルUPも計り学び続けている。

指導力には定評があり、スクールには県内外から参加する。

特に最近では上級者の参加が増えている。


ウェットスーツ、サーフボードの両方の製造に関わってきたので、現在もウェットスーツの製造・修理、サーフボードの修理・フィンの製造・カスタムなどを自分で行う。

ウェットスーツ、サーフボードのメンテナンス・修理は「来たときよりも美しく」をモットーに行っている。

自社工場を持ち、自身が行うメンテナンス・修理は早くてきれいに仕上がるとの評価を頂いている。


サーフィンの指導から道具のメンテナンスまで、どんな疑問・質問にも答えてくれる。


フィリピンにて Surfing World に掲載されました



ノーススマトラにて SURF TRIP JOURNAL に掲載されました

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索